東京慈恵医科大学 総合医科研究センター遺伝子治療研究部
東京慈恵医科大学 総合医科研究センター遺伝子治療研究部 イメージ
TOP
研究者一覧
研究プロジェクト
業績
臨床研究
研究機器
研究機器
研究機器
リンク









■遺伝子治療研究部門

研究プロジェクト

 当研究部では主に難治性疾患の遺伝子治療を含む様々な治療療法の開発を行っている。対象疾患は遺伝性神経疾患(特にリソゾーム蓄積症)、難治癌などである。  

1) 遺伝性疾患

 主な研究対象を先天代謝異常症に分類されるライソゾーム病としている。ライソゾーム病とは細胞内小器官であるライソゾームに存在する水解酵素の機能不全でその基質が細胞内蓄積することにより様々な臓器障害を来す疾患であり、現在40種以上知られている。そのなかでファブリー病、ゴーシェ病、ムコ多糖症の一部、ポンぺ病などに酵素補充療法が開発され保険収載されているが、中枢神経系や心臓弁膜への効果不全など課題も多い。また造血幹細胞移植も非常に有効な根治手段であり中枢系への長期効果なども期待できるが、やはり重篤な副作用やドナー確保などの課題がある。 これらを克服する治療法の開発を主に行っている。
  1. 1.遺伝子治療の臨床応用に向け基礎研究を重ねている。現行ではレンチウイルス・アデノ随伴ウイルス(AAV)といったウイルスベクターを用いた方法が遺伝子導入効率の点で臨床応用に最も近く、海外で有効とする報告が相次いでいる。 我々もムコ多糖症U型・VII型やポンぺ病、ファブリー病、クラッベ病などで基礎データを蓄積しつつ臨床試験・治験の方向性を探っている。特に平成29年度はAMEDの難治性疾患実用化研究事業に研究代表者として採択され「ムコ多糖症II型の造血幹細胞を標的とした遺伝子治療法の実用化研究」、遺伝子治療臨床研究に向けスタートを切った。更に遺伝子治療研究の大きな流れとしてベクターによる方法とは別に遺伝子そのものを改変させるという遺伝子編集技術も注目されつつあり、我々も研究を開始している。上記に関して、近々に臨床研究を行うべく努力を重ねている。
  1. 2. 分子シャペロン誘導剤、プロテアソーム阻害剤などの従来の酵素補充療法を補完する低分子治療薬開発に取り組んでいる。

2)悪性腫瘍に対する遺伝子治療

 消化器癌に対する遺伝子治療を主な研究対象として行っている
  1. 1.NFκB阻害剤を用いた、消化器悪性腫瘍の新規治療法の開発

    我々は、難治性消化器癌の増殖、浸潤、転移、または抗癌剤への耐性において転写因子NFκBの活性化が関与していることに着目し、現在までに膵臓癌、胆嚢癌、大腸癌の細胞株において、抗癌剤や放射線療法により活性化したNFκBを複数のNFκB阻害作用を持つ薬剤との併用や、遺伝子治療と組み合わせることで抗腫瘍効果を増強することをin vivo, in vitroにおいて示してきた。臨床の現場に於いても、切除不能膵臓癌に対するNFκB阻害作用を持つFUT175と塩酸ゲムシタビン(GEM)併用療法の第2相臨床試験が終了し、良好な成績を得る事が出来ている。


  2. 2.消化器癌の抗癌剤耐性におけるライソゾーム酵素の機能解明と新規遺伝子治療法の開発肝虚血再灌流傷害におけるメカニズムの解明と新規予防法の開発

    近年消化器癌における悪性度や進展にオートファジーの関係が示唆され、その抑制による抗腫瘍効果が示されている。本研究室では、オートファジーにおいて重要な役割を果たしているライソソームに着目し、消化器癌における新たな治療戦略としてライソゾームをターゲットとした新規遺伝子治療法の検討を行っている。





▲