東京慈恵医科大学 総合医科研究センター遺伝子治療研究部
東京慈恵医科大学 総合医科研究センター遺伝子治療研究部 イメージ
TOP
研究者一覧
研究プロジェクト
業績
臨床研究
研究機器
研究機器
研究機器
リンク


臨床試験
 

現在行っている当研究所における臨床研究は以下の通りである。


  • ライソゾーム病の診断(診療における遺伝子診断を含む)
  • ポンペ病における遺伝子変異の特徴及び治療感受性へ及ぼす影響についての研究
  • ライソゾーム病診断のためのコントロール用の血液、尿採取のお願い
  • ファブリー病患者の酵素補充療法中に発生する酵素製剤に対する免疫反応に関する研究
  • 慈恵医大にて診療経験のあるファブリー病患者の疫学的調査
  • 酸素製剤に対して高抗体価を認めたファブリー病患者の剖検臓器の病理・生化学的検討
  • Fabry病の臨床症状および酵素補充療法の治療効果と遺伝子変異の相関についての研究
  • 異染性白質ジストロフィーを有する小児の自然経過試験
  • 非還元末端糖を指標としたムコ多糖症U型の新規診断法の開発

  • リプレガルを投与されたファブリー病患者を対象としたLyso-Gb3の測定(レトロスペクティブ研究)

▲